昔は金が無かったら旅行と言えばゆこゆこネットとかで2食付きで1番安い宿を探して行ったんだ。
その頃は部屋にかけ流しの温泉が付いていて、
食事もびっくりするくらい美味しくて、
ビールとかタダだし、
こんな宿がこの世に存在するなんて思いもしなかった。

いつの頃からが、ガキらが独立して多少余裕が出来たので、
少しは高級旅館にも泊まることが出来るようになった。
そんななかで、カトープレジャーグループの箱根翠松園に泊まった時はけっこう衝撃的だった。

もてなしとか、
料理のおいしさ、
部屋の作り
それはそれはすばらしい、いい宿だった。

同じ会社が運営する熱海ふふ、も    とても良い宿で評価も高い。
でも、7月に泊まった時はちょっと我慢できないものがあったよ。
おいらの中のカトープレジャーグループの神話が崩れてしまった。

某SNSに書いた言葉を抜粋するよ。

「食事については味はともかくボリュームが無いです(私は小食です)。肉、お造りのサイズ、あれはいかがなものでしょう。朝食は焼き物の種類が違うだけで、12月、4月と全く同じものでした。そういう方針なのかも知れませんが、リピーターの事も考えていただきたいものです。さらに朝食の焼き魚は10分の1切れのサイズですね。また、ご飯が4人でお茶碗軽く5杯分しかありませんでした。お釜が空になった時、むこうにあるとは言われましたが、他の客の残したものを持ってくるみたいでとてもいやな気分でしたのでお代わりできませんでした。」


夕食。
メニューは立派だよね。
DSC04309


DSC04313



DSC04314



このお造りの量。
こんな薄い刺身じゃ味なんかわからない。
マグロはサイコロサイズ。
DSC04315




DSC04316



肉。小さいのが2切れ。
出すのが恥ずかしくないのかと聞きたい。
DSC04319



DSC04323



DSC04324



朝飯
DSC04328



DSC04332



DSC04333



びっくりしたのが、釜で炊いたご飯の量が4人で軽く茶碗5杯分しかない。
向こうにあるって言ったって、他の客が残したものを持ってくるかもしれないし、
電子レンジでチンかもしれないしね。

あと、今回で3回目だったけれど朝食の内容が3回とも全く同じ。
魚がちょっと違うくらい。
魚っていったって、一口だよ。

接客も外人が増えて細かな心遣いが出来ていないし、
1人4万円近く払っている事を考えると馬鹿らしくなるよ。
もう行かないよ。



熱海ふふ旅館 / 来宮駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0