livedoorブログを修正してgoogleキャッシュの削除を行った。

ISM川デビュー戦のキャッシュだけが消えないので、
古いURLを削除して新しく投稿し、削除通知をgoogleへ行った。
まあ、そのうち削除されるだろう、、、、と思う。





九十九里の某河川、

最近、
というから前からかもしれないけど、
ウナギ釣師が多くて大きなウナギいなくなる。


フッコとかカイズとかは海から上がってくるだろうし、
ハゼ、フナ、コイなんかはその川で生まれ、その川で育つので
まあ、環境さえ激変しなければいなくなることはないよ。

でもウナギは遠くフィリピンから流れてきてそれぞれの川に定着する。
川で自分の寝床を探して大きくなる。

シラス以外は海や他の河川から入ってくることはないので、
釣ってしまったら補充はされない。
小さいのが育つのを待つしかないんだよね。
放流している川もあるけどね。


なので、みんなで寄ってたかって釣りあげてしまったら
もうシラスが育つのをじっと待つしかない。


なにが言いたいかというと、
ウナギに限っては釣れた河川、ポイントを公表すると
大きなウナギはいなくなる、ってことだよ。



某河川に釣り人が多いのはこのブログが原因だ、と言われたこともあるし、
実際ブログを見て来た、という人も何人かいるよ。

なので、河川名をこのブログから抹消した。





まあ、川の名前くらい公表した方がブログを読む人が楽しいだろうと思っていたけれど
やっぱウナギに限っては良くないね。
雑誌とか新聞に載ると殺到する、っていうしね。

北の方の某河川では200本くらい竿が並んだって聞いたよ。




削除、難しかったよ。


最初に、Webサイトが自分のものだという証拠をGoogleに知らせなければならず、
まずそこで引っかかった。
headタグにキーを登録しろ、って来た。

自分でindex.htmlをいじれるわけじゃないので困った。

さんざん迷ったあげく、さすがlivedoor様。
ブログ設定を探したら、headタグに埋め込める設定があったよ。
無題1


無題2




これでやっとgoogleに自分のブログだと認識してもらった。




最初はSearch Console で削除リクエストしたら削除じゃない、っていうので跳ねられた。
削除または変更しましたか?

っていうんでOKだと思ったけどダメだ。
クロール申請とか、わけのわからないHELPの連続で頭が痛くなった。


なので、偉い人に聞いてみたよ。
フォーラムってやつだよ。

「お世話になります。
livedoorブログに載せてはいけない情報(*)を載せてしまいまいました。
ブログを修正(削除ではなく載せてはいけない内容だけ削除)し、Search Consoleで20個のURLを「削除をリクエスト」を行いました。1つだけ削除済みとなり、19個は「拒否されました」となります。時間をおいて5個ほど再申請しましたが、拒否されました。想定される原因と対応案を教えていただけますでしょうか。
*魚釣りのポイントをブログに載せたら釣り人が殺到して魚がいなくなる勢いでしたのでポイント名を削除しました。」


そうしたら

「おはようございます。

記事自体の削除ではないとのことなので、
再クロールのリクエストを送るのが良いと思います

更新内容がクロールされ、インデックスが上書きされれば
自然とキャッシュも変わっていくはずです。

まだ実施していない場合は、ぜひ試してみてください。

少しでも参考になれば幸いです。」



そうしたら、再クロールのリクエストは昔のやり方でダメだった。

いろいろ悩んだ結果、
再クロールのリクエストするのはサイトマップをgoogleへ登録すればいいという。
livedoorはあらかじめその機能が付加されていて、それを使ってなんとかなった。
(sitemap.html)



画像とかにはまだ河川名が出てくるけれど
「九十九里 ウナギ 釣り」
「河川名 ウナギ 釣り」

とかでは、おいらの昔の川の名前が入ったブログは表示されなくなったよ。
まあ、バグで少しは残るかもしれないけれどね。


これからは川の名前は書かないので画像でどこだか想像しておくれよ。

おいらのせいでホームグラウンドに釣り人が増えちゃった人、ごめんね。
といっても、釣侍様とかではピンポイントを教えてくれるけどね。