がん汁とか、ズガニ汁とか、カニコ汁とか、
地方によって呼び名が違うけれど
カニを粉々にして汁にして食べる、あれ。
モクズガニでやるやつ。

助平カニでやってみた。

肩の肉は他の料理で使うので、
残った甲羅とハサミと足。

フードプロセッサーなどというしゃれたものはないので、
スムージーとか作るミキサーに全部ぶっこんで、
水を入れてぶん回す。

DSC07550



出来たシルをザルでこす。
ハサミのザリザリとかが取れる。
甲羅とかは混じっちゃったんじゃないかな。
DSC07552



火にかけたら、ふわふわなものが浮いてきた。
DSC07554



味付けは塩だけ。
まあ、試しだから。

スープはなかなかおいしい。
まあ、カニだからね。
丸ごと入れたカニ汁よりは上品なアジだよ。
これはなかなか行ける。
DSC07556



肝心のふわふわした物体。
豆腐とか、卵とかよりずっとふわふわ。

味はまあ、なかなかおいしい。。。。ような気がする。

問題は舌に残るザリザリ感。
DSC07555



多分、ザルのアミを潜り抜けたカニツメの残骸とかがザリザリしていると思う。
紙とかで濾せばいいのか、
サラシで濾すのかな。

それとも上澄みだけを使うのか、
もうちょっと検討が必要だね。

とりえあず食えばうまうというのが分かったので
暇なときまたやってみるよ。