ホテルのラウンジで食前酒と軽いおつまみで準備運動し、
15分ほど歩いて板前割烹ひぐち へやってきました。

DSC09192


予約のときに個室が取れず、
一席だけあるテーブル席を予約しましたが、
奥まった所にある半個室で、まったく問題ありませんでした。

先付からしてイケてます。
茄子の田楽、玉子、モズク、イクラ、ごぼう巻き、すべてすばらしい味です。

DSC09193


お造りはシマアジ、マダイ、マグロ。
氷の上に乗せてありますが、どれもおいしいです。
おすし屋さんでもなかなかこういう刺身は食べられません。

DSC09196


お酒に切りかえます。
広島の地酒 宝件 正1合700円。 キレがあります。

DSC09198


鮭のしんじょう。ダイコンが巻いてあります。

DSC09201


ここでもう一度お造りが出てきました。
オコゼだそうです。
オコゼは普通煮付けとか、カラアゲとかにしますが、
お刺身でいただくのは初めてです。

ポンズでフグのテッサ風にいただきます。


DSC09204



さっぱりして歯ごたえがあり、フグとはまた違った味わいがあります。すばらしい。
お口をあけてお顔をアップで写真撮影をしました。

DSC09206


肝もしっかり調理してくれました。これもまたすばらしい。

DSC09207


さわらのあんかけまで出てきました。

DSC09209


牛すね肉。
和食やさんで洋食風のアレンジ、サプライズです。
軟らかくてとてもおいしいです。
ソースもおいしいです。

DSC09211


ここらでお腹がパンパンになり、
ホテルで予行演習してきたのが悔やまれます。
量がとても多いです。

椀。手造りのはんぺんです。

DSC09212


ハモの天ぷら。
いくらおいしくてもさすがに一切れしか入りませんでした。

DSC09215


食事は雲丹醤油の焼きオニギリ。
パリパリに焼いてあります。
周りだけ頂きました。ごめんなさい。

先ほどのオコゼは味噌汁にしてくれました。

DSC09218


それでデザート。

DSC09222


料理は8000円のコースで、すべておいしいです。
量が多いのでお腹ペコペコで来るべきでした。

スタッフの若い女性の接客は普通でしたが
おかみさんの接客は料理の説明とか、
タイミングとか、さすがすばらしいものでした。

カープの話題で盛り上がり、再訪を約してお店を後にしました。

ひぐち懐石・会席料理 / 胡町駅銀山町駅八丁堀駅

夜総合点★★★★ 4.0