阿寒湖 鶴雅別荘 鄙の座の食事です。
おはずかしながら「鄙」、ヒナという字を読めませんでした。

鄙(ひな)びた、という言葉はしってますが、
字を知りませんでした。

正月頃予約したのに、すでにもう良い部屋は満室でした。

パーシャルレイクビュー(風の座)と山側(森の座)をバラバラに予約し、
森の座を後でキャンセルが出たレイクビュー(霞の座)に再ブッキングしました。

一応二部屋とも湖が見える部屋が取れました。

GWとはいえ5万近い宿で、けっこう良い値段です。
それでも満室というのはアベノミクスが浸透してきているのでしょうかね。

部屋はデザーナーズホテルということで、和室をへんに改造してあり、
とても使いにくい部屋です。
文句を言えばきりがありませんがお風呂は良かったです。

近ツリの宿泊にについていいたワイン。
十勝ワイン独特の香りがします。
DSC08993


生ビール
DSC08994




食前酒はハスカップ
DSC08992





先付け 山ウドの香りが良いです。
DSC08999


造り
DSC09000


ボタン
DSC09002



サケ科のなんとか
DSC09005



浜ぐり
DSC09007



豚肉
DSC09009



日本酒 
DSC09010


なべ
DSC09011



なべ
DSC09013



牛肉
DSC09014


この下にあわびが
DSC09016


アワビの大きさ
DSC09020



炊きたてのまめごはん
DSC09024



デザート
DSC09026



お品書き
DSC08991




朝ごはん 名物の焼き海苔
DSC09029



イクラ
DSC09030



おしんこは合い盛り
DSC09031



朝食全貌
DSC09035



大アサリ
DSC09037



デザート
DSC09038



食事はよかったですが、高級食材の量が少ないですね。
あわびと書いてるので、期待していたら、
ヒメあわびの1/4以下、
噛まないで飲み込めるサイズですよ。

牛肉も良い肉で、味付けも良かったのに小さいのが二切れ。

ちょっとバカにしてますね。

鍋はメンメ鍋、目ン目ですね、キンキの事。

最初、ジャガいもとバターが入っているのかと思いましたが
あわせ白ミソとキンキだけの味だそうです。
この鍋は名物だけあって美味でした。

あと、幻の魚イトウの刺身が出ました。
もちろん養殖ですが、おいしかったです。

朝食は一人釜の炊き立てご飯で、評判の下に炭が入れてあるパリパリの海苔。
これは良いです。

イクラ、オシンコ、大アサリの味噌汁、ギンダラの西京焼き、サラダ。

ホタテの貝焼きは新鮮でおいしいです。
最後にゴハンを入れて焼バターライスにして食べました。

ちょっと変わった宿とはいえ、
個室露天風呂で対応もまあまあだし、
なかなかいいのではないかと思います。

食事がもう少しよければ4点ですが、
ここは食べログなので少し下げました。

★2015/5/13現在 3.25 夜の点数:3.26昼の点数:3.04 口コミ 13 件

あかん鶴雅別荘 鄙の座旅館 / 釧路市その他)

夜総合点★★★☆☆ 3.5